×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目次: [1] [2]

[無料占い] [無料ゲーム]

デイトレードとは、日計り商いのことであり、1日の市場が閉じる時には買いポジションも売りポジションも持たない取引を言う。略してデイトレとも言う。主に、株取引において使用される事が多い。

概説

デイトレードとは、一日に数十回の取引を行い、細かく利益を積み重ねる売買手法である。早い時には、わずか数十秒〜数分で売買が成立する。

場合によっては、数百万円〜数億円の利益を得られるなど、これまでのトレード手法と比べ、即時性・ゲーム性・依存性が非常に強い。

デイトレードをする人の事を「デイトレーダー」と言い、本業としている人のことを「専業デイトレーダー」という。1日に何度も売買するデイトレードに対して、2〜10日程度の短期的な持ちこしを行う場合には「スウィングトレード」という。それ以上の期間になると、中長期投資になる。

メリット

  • 翌日に持ち越ししなければ、海外の相場変動・悪いニュース…等に影響されず、リスクを低く抑える事ができる。(逆に、持ち越しのメリットもなくなる)
  • 資金を数十回に分けて投資するため、必然的に分散投資になり、リスクを限定する事ができる。
  • 数日・数ヶ月後の値動きよりも、数分後の値動きのほうが、予想しやすく外れにくい。
  • 経済・金融などの知識を、あまり必要とされないので、初心者でも入り込みやすい。

実情

上記のように、これまでにない収入源であり、得られるメリットも大きい。

実際にやってみると、ゲーム的な面白さよりも、パチンコ的なギャンブル性が大きい。あくまで「投資」ではなく、「投機」なのである。そのため、ビジネス的な知識よりも「一瞬の流れを読む経験」を必要とされる。また、モニター画面の数字を見続けるため、目を酷使し、精神的にも疲労が溜まる。

歴史

日計り商いは、デイトレードという言葉が生まれる以前から、日本でも可能な手法ではあった。しかし、売買手数料の高かった時代では、かなり限定されたケースでのみ行われる手法でしかなかった。

デイトレードは米国で広がり、デイトレードによる破産者(による銃の発砲事件)などの社会問題にもなった。インターネットの普及・証券会社の手数料自由化を受け、日本でもデイトレードが可能となり、個人トレーダーを中心に、ジワジワと普及していく。

2003年あたりから、ジワジワと一般人にも浸透しはじめ、参考書籍が棚を埋めるようになり始める。現在活躍しているカリスマトレーダーの登場も、この頃である。証券会社同士の競争激化による、手数料の値下げ&サービスの個性化…なども加速した。

トレード環境

デイトレードでは、わずか数秒〜数分の間に、様々な情報を見て、発注操作をしなければならないため、複数のモニターを使う事が多い。これをマルチモニターと言い、2台ならデュアルモニター、3台ならトリプルモニターと言う。有名な専業トレーダーの中には、15〜20台のモニターを使用している人もいる。本格的にやる場合には、最低でも2台、可能なら3台のモニターが推奨されている。「外部リンク」
  • 複数パソコン
上記のマルチモニター化するにあたり考慮すべきなのは、2〜3台のパソコンで使うことである。現在のチャートソフトでは、一台のパソコンではソフトを複数起動する事ができない場合が多い。そのため、複数のパソコンを使用するトレーダーが多い。
  • チャートソフト
証券会社が提供する独自ソフト。デイトレードでは分足チャート板情報をリアルタイムに表示するソフトが必要になる。そのため各社が、個性的なソフトを提供している。デイトレーダーに人気なものに、楽天証券の「マーケットスピード」、松井証券の「ネットストックトレーダー」…などがある。
  • RSS
リアルタイムスプレッドシートの略。楽天証券が提供している、株式情報のプログラムデータ。エクセル上で動作し、自分の好きなようにカスタマイズする事で、自分にあった情報を表示させる事ができるようになる。
証券会社によっては、携帯電話のネット機能を利用して、サービスを提供している会社も多い。簡単なチャートを見たり、売買発注したりする事ができる。

用語

  • スカルピング(スキャルピング)
極めて薄く、利ザヤを剥ぐように稼ぐ、デイトレードの売買手法の一つ。例えば、マーケットで買い気配が強い時に、買いから入って、短時間(数秒〜数分程度)で、1、2ポイントから数ポイント程度の利益を狙って、売り逃げるような売買のやり方。


デイトレードで初めて買った本。カラー刷りでデイトレードをやるにあたって必要な事項が大変分かりやすく書かれています。著者自身は現役のトレーダーで、結果はブログで公表されています。いわゆるテクニックみたいなものは基本的なパターンしか載っていませんが、これで十分です。あとは実際の取り組みで自分なりに工夫していけば何とかなります。

著者のあとがきにあるように、投資で生き残るための「コア」となる思想が、全くの初心者にも非常に分かり易く書かれています。投資関係の類書によくあるような、冗長かつ訳の分からない例え話、ナンセンスな武勇伝、あるいは必要以上の専門用語や数式で煙に巻く、といった記述が全くと言っていいほど見られません。直裁的かつ良心的な記述でエッセンスがストレートに提供されているので、導入教育と言う意味では、本書より優れた教材を見つけるのは困難でしょう。

この本には、具体的なデイトレードの手法というよりも、トレードの最も基礎となる精神論が、強くしっかりと紹介されている。 株式投資なんて、絶対に、全て自分の思い通りにいくわけがない。 トレードで儲けそこなったり、損をしたりの大失敗をした時、それをどう受けとめて、どう考えて、どう行動すれば良いか、それをこの本は教えてくれる。 この本は、真剣に株式投資と向かい合い、トレーダーを目指す人の必読書。

昨今デイトレードが大流行であるが、この本はデイトレードをやろうとしている、あるいは今やっている人達のよきガイドラインとなるのではないでしょうか?よく使われるインディケーターの独自の使用法に加えて、季節性、曜日のパターンなどが詳細に記述されていて、とても参考になります。さらには、ホームワークの重要性とその方法も記載されていますので、非常にいいです。前著「バーンスタインのデイトレード入門」と合わせて読めば、相当有益と思われます。お勧めです。

デイトレードをするにあたっての考え方を心理面、システムなどの面から解説してくれる。初歩的なところから、トレーディング・システムの構築など中級的な知識も学ぶことができる。マーケットに存在するリスクを価格リスクに特化し、他のリスクから限りなく自由になるのがデイトレードだというデイトレードの定義には気づかされた。

本書では、主として公的年金に不安がある (とされる)現在20-30代の読者を対象に、 いま何故資産運用が必要か(しないと老後にどうなると予想されるか) 資産運用のための基本的知識(「資産配分」「リスク管理」の重要性) そのための具体的な方法論 について丁寧に説明している。我が国の年金運用基金の 方法論などを例示しつつ、個人投資家はこの部分を 真似ればよいと具体的にアドバイスしており好感が持てる。

デイトレードやそれに準ずる短期売買で生活の糧を得ようとすることは、はっきりいって「危険」だ。 それにもかかわらず、巷では株式の短期売買での利ザヤ稼ぎで暮らしていけると豪語する本があふれている。 そうしたなか、この本はきちんとしたデータ統計(アメリカではデイトレをしていた7割の人が元本をほぼ失い、成功している人は1割にも満たないらしい等)を示したり、実際にデイトレをやってうまくいかなかった人の手記などを提示することで、現実を直視させてくれる。

著者がサラリーマンということで「サラリーマンの」と謳っていると思いますが、サラリーマンだけじゃなく、他に昼間仕事をしている人でもOKですね。そこのところ勘違いしてしまいます。デイトレの本は他にもたくさんあって、どれも魅力的なんですが、仕事中パソコンの前に張り付いているわけにもいかず、なかなか参考になるものがありませんでした。

OOPSやTD TRAPまで出てくるマンガです。初心者でデイトレーダーを志す人は読んで決して損がないマンガです。税金についても言及されています。オンライントレードが可能な証券会社の一覧と、各社の手数料やサービスの比較一覧なども出ていて、これから口座を開きたい人にもとても参考になります。「勝つトレードではなく負けないトレードをする」というセリフがトレードの真髄を表しているようで印象的でした。

2時間、94枚のスライドを使ったテクニカル手法に基づくトレード方法のセミナーです。 市場で餌となる「白羊(大衆の9割)」の動きを読みいかに利用するか、そこに焦点が絞られています。 複雑な解析方法を用いずシンプルな手法が有効であるとし非常に自信に満ちた講演です。
株は「マーケティング」である、という言葉は「至言」である。 つまり、株で成功するためには、 「先に安く買って、後から来る人にどうやって売るか?」 を考えに、考え抜くことが、最重要であって、 ・「企業分析」 ・「チャート分析」 ・日本経済分析 などは、補足的なデータにすぎない! というのが、本書の主張! う〜ん、大賛成。 株価は「心」が支配するものです。
最近の本屋に並ぶ過度に投資(投機?)を煽るような本とは一線を画すものである。 というのも、投資でどのように儲けるかを書いたものではなく、投資にどのような姿勢で臨むべきかを書いたものであるからである。 その投資に対する姿勢が30のルールに分けられているが、いずれのルールもコンパクトに書かれており、数ページで読めてしまう。 こま切れに読めるなぁと思って読み始めたが、すぐに1つのルールを読めてしまうので、あっという間に一冊読めてしまった。
著者は、常人を超越した勘や才能があるわけではない、あるいはそれに頼らない。あくまで論理の基に想定を徹底し、それに従い投資するというやり方だ。だからこそスランプも少ないし安定した成果を上げられる。 この本には、著者がこれまで経験、想定してきた考え方や、注意すべき点が惜しめなく盛り込まれている。著者の特別な経験だけでなく、誰でも実践できるベストな経験の生かし方が指南されているのである。
僕としてはもっとも興味深いのは著者がPTの信奉者であるということです。PTはpermanent travellerのことで、カリブ海の租税回避地にすんでいるアメリカ人の富豪に多いといわれます。悪くいえばつまりは脱税をするために居所を複数持ち、それによってどの国家にも税金を納めないような人たちで、よく言えば「主権は国家ではなく、個人にあり、課税はつまり強盗であり、課税する権利などどの国にもない」というロスバード的な無政府主義者であると言えるでしょう。
目からウロコの本である。 「絶対儲かる」とのIPO神話が世の中には存在するが、それは公募時の抽選に当たっての話。数千株のIPO株を数百万人の投資家が狙っているのだから宝くじ同然であり、宝くじに当たれば儲かって当たり前。外れた人は指をくわえて他人の儲けを眺めるしかない… 私自身もこのような世間の常識を信じていたが、この常識を疑い「上場後にこそ真のチャンスあり」と訴えるのが本書の著者である。
バフェット氏の銘柄選択基準が載っております。
1.「消費者独占型」と名づけられたビジネスモデルを持つ企業を
2.いかに割安に手に入れるか、
3.どのように現在の株価から割安感を計算するのか
の3点について、ワークブックという形式(要は、練習問題が付いたような状態)で分かりやすく解説してあります。 株式投資をされる方であれば、絶対読むべき本だと考えます。






Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク