×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

倉木麻衣ルーム *  - Kuraki Mai FanSite -

メールアドレス

パスワード


新規登録


目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...


このアルバムは、友達に薦められて買ったんですケド、もうこのアルバム聴いて倉木麻衣ファンになりました!!!(麻衣さん最高やゎ〜♪) 私はよくカラオケで麻衣さんの歌うたうんですが・・・やっぱり難しいですね↓↓とくにFAIRY TALEとか・・ぁ、あとDelicious wayが・・・麻衣さんはスゴイです!!このアルバムで1番スキな曲は(全部大好きなんですが)key to my heartがスキです!!すっごい癒されますょ〜♪ 
倉木麻衣1位獲得曲としても有名。冬のシーズンを迎えるととてもお似合いな楽曲。とある番組であの叶美香さんも熱唱していたが意外とキーの高めな曲。聴く者をハッピーに、そしてあったかくさせるこの曲は良質のポップスである。カップリングのしっとりした感じも良い。

このアルバムはいろんな意味で過去最高のでき問いっても過言ではないと思います。今までのアルバムに比べ多くの作曲者を起用したにもかかわらず、その中で一曲一曲がバランスを取り合い一つの「懐かしさ」のような心地よさを奏でているところはまさに圧巻です。またいつものポジティブソングとは違った、少し切ない感じの曲が点々とおかれており、いつもとは違ったしっとり感、大人っぽさを感じることが出来ます。

麻衣さんの生LIVEを観る機会のないファンにとっては、最高のDVDである。デビュー当初のセールスの勢いはないが、着実にアーティストとしての成長がみられる。曲の選曲や流れもファンとしては最高である。麻衣さんのファンで観ていない方はもちろん、麻衣さんを観たことのない方はぜひ観て下さい。麻衣さんの大ファンになってしまいます。MCは今ひとつだけど、それも麻衣さんの魅力の一つであります。いつまでも今の倉木麻衣でいてほしい。これからの倉木麻衣にも期待。

特に初期のMAI-Kのliveしか見ていない方には是非見てもらいたいですね。その成長振りがとても良くわかりますよ。(そうじゃない方も必見!!)すごく音が良いし、カメラワークもとても良いんですよね。ステージ衣装にも色々変化があり楽しいですよ。エクスペリエンス←(バックバンド)との息も今まで以上にぴったり合ってます。やはりMAI-kの真価はliveで発揮されるということがあらためて実感できる内容です。

前作からロック系統に変わったが、出来は素晴らしい。 当時の最高の作曲家メンバーによって作られている。 特に「PERFECT CRIME」と「always」は屈指の名曲。 シングルはもちろん、アルバム曲も全てロックに傾倒している訳ではないので、1stによっぽどの思い入れがある人以外は普通に「良いアルバム」と思えるだろう。

このアルバムは、「音楽」って意識してウンウン唸りながら聴くより、 日常のフっとした瞬間に、何となくバックでかかってたらいいな…ってかんじですね。爽やかで清涼感ある倉木さんの声と旋律が良くマッチしています。 癒し系のインスト曲を聴いているかの様な、そんな気分にさせてくれます。

日本楽曲史上において「荷造り」と「ベイベー」がこれほど近しい距離に置かれた例はない。宅配便よりももう少し業務運送的なある種ブルーカラーによる運輸風の 疾走感、ブルージーンズのごとき走駆感を感じるあまりにも鮮烈な表題曲である。この真の革命的な意味の所在をわかっていない者たちがあまりにも多い。

光、それも机の上の小さなラジオからほのかに語りかける光という記号のようなコンセプトは感じられる。アルバムとしての完成度云々よりも中高生が勉強しながら聴くにはピッタリという仕上がり。

デビュー曲「Love, Day After Tomorrow」から17枚目のシングル「風のうらら」まで、ほとんどのシングル・ナンバーをエディットした初のベスト・アルバム。80年代風のアメリカン・ポップスのテイストを基本にしながら、ブラック・コンテンポラリー、AORを上品に取り込んだ彼女の楽曲は、J-POPの新しい流れを感じさせてくれる。
倉木さんの曲は洋楽テイストな曲が多いのですが、この曲は和楽器をフィーチャーしていて日本の春を描いています。歌詞も曲も美しく、彼女の声と曲がとても合っていて、よりいっそう美しさが際立っています。この曲は劇場版名探偵コナン「迷宮の十字路」の主題歌で、映画にもとても合っていました。私はこの曲が倉木さんの曲の中で一番好きです。

ベストオブヒーローは本人いわく色々な年齢層が聞けるようにわざとカタカナにタイトルを設定したそうです。聞いてみて思ったのは、なんと言ってもコーラスが多い!ってことですね。やっぱりみんなが聞けるような配慮なのでしょうか。
最初CMで聞いたとき違和感を感じたけど、聞いていくと結構いい感じの曲…♪ 曲も好きなのですが、とにかく気に入ったのはジャケ写! ジャケ写だけならNo.1です。
普通に全曲聴けるアルバム。…人によって様々だと思いますが「アルバム」って、つい飛ばしちゃうような曲が少しは入っているものですよね。でも本作は普通に全曲流しても疲れないどころか、癒されるんですよね。凛としていて。シングルの大ヒットが多数収録されてますが、その曲たちが変に際立っていません。つまりアルバム曲はシングル曲に負けないくらいの上質な楽曲が揃っているという事です。是非、倉木麻衣のファースト・アルバムお聴きください。
聞いただけでこの曲だと分る独特のイントロ。 R&Bブームを本格的にもたらした倉木麻衣のデビュー。 今聞くと、やはり少女のあどけなさが残っていて、 既に当時の彼女の年齢を過ぎてしまった私が今感じることは、 倉木麻衣という人は自然体で大人っぽい人間なのだということ。
倉木麻衣の魅力。それは、透明感のある高音もそうですが、なによりロック志向の独特な声の使い方にあります。 彼女の特性を生かすのは、大野愛果の作品よりも、寧ろこの作品の後に発表されている「Stand up」や「Perfect Crime」、そして何よりこのCDに収められた「Just Like You Smile Baby」であると確信しています(偏見込み)。
倉木麻衣の初期代表曲とも言える「Love,Day After Tomorrow」「Stay by my side」「Secret of my heart」らをビデオクリップとして楽しめるのはファンとしては嬉しい限り。全体的に物足りない感じも否めませんが、でもファンにとっては貴重な映像集ですので買って損は無いと思います。曲が素晴らしく、また魅力的な倉木麻衣の映像をも楽しめるのですから、それだけでも貴重な1枚ではないでしょうか。
倉木麻衣の魅力が全面に出ている貴重な映像記録。秘密のベールに包まれていた彼女が初めてオーディエンスの前で歌った、そして微笑んだ。 これ以上何を望むのだろうか。倉木麻衣ファンは基より、彼女に少しでも惹かれるものがある方はぜひ購入して観てほしい。彼女のカリスマ性、そして何よりも崇高なまでの美しさを堪能できるはずである。
曲目は日本でもリリースされているものもあるが、やっぱり、それらの曲も日本版とは「味付け」が違い、アメリカ風だと思う。これを、誰が歌っているのかを知らないでいたら、とても日本人が歌っているとは思えないくらいアメリカンテーストだ。しかし、ジャケットに写っているのは、ニューヨークの摩天楼でもなければ、自由の女神、セントラルパークでもなく、なんと、清水寺の夜景です。私は清水寺の夜景を実際に見たことがありますが、これはこの世のものとは思えない美しさです。
この本は、デビューの頃からの彼女と、そこからだんだんと変わっていく彼女自身の気持ちの変化が、知る事が出来るかなりお勧めの本です。 MY FAVORITE 10 SONGSもありますので、彼女自身の好きな曲や、どのような気持ちで、詩を書いているか等、彼女の素顔が見えてきます。 更にイラストの才能もすごいです。かわいらしいイラストと、4コマ漫画で表現している彼女のギャグで和めます。案外面白い彼女の一面も、発見出来ます。 ファンの方なら絶対に、そうでない方にも絶対お勧めです。
正直、タイミング的にうまくいくかな?と思いましたが予想以上に上手でやっぱり倉木はすごいと実感しました。時間のない中でこれだけのすばらしい楽曲がよくかけるものだなーと。feei fine!とはまた少し違った爽やかさが感じられた気がします。最近はカップリングのほうがいいなんて言う人がいますが、今回の曲を聴けばそんなことはないと思うでしょう。きっと。細かいことは他の方が書いてくださっているので書きませんが、倉木麻衣のファンじゃない人も今回の曲は聞いてみる価値は十分ありますよ。







Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク