×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目次 [1]

[無料占い] [無料ゲーム]

Loading...

中島 みゆき (なかじま みゆき、本名:中島美雪1952年2月23日 - ) は、北海道札幌市出身のシンガーソングライターラジオパーソナリティ1975年にシングル『アザミ嬢のララバイ』でデビュー。失恋歌とラジオ番組などでの明るい語り口とのギャップで1980年代前半に大きな人気を博し、現在も根強い支持を受け続けている、日本を代表する女性シンガーソングライターの一人。

オリコンで4つの年代に渡ってシングルチャート1位を獲得した(1970年代わかれうた1980年代悪女1990年代空と君のあいだに旅人のうた 2000年代地上の星)唯一のソロ・アーティストでもある。ヤマハ音楽振興会所属。

[編集] 幼年期 - デビュー前

祖父は帯広市議会議長なども務めた中島武市、父・眞一郎は産婦人科札幌市に生まれ、5歳のときに岩内に引っ越し、11歳までを岩内で過ごす。その後帯広に移り、帯広小学校を卒業。帯広第三中学校に入学。1966年の夏には体調不良の母親が実家で一時療養するのに合わせて山形市に移り市立第六中学校に通うが、高校受験のため4ヶ月で帯広に戻る。その後、帯広柏葉高校を経て、藤女子大学文学部国文学科を卒業。

帯広柏葉高校3年生の時、文化祭で初めてステージを踏む。この時歌ったオリジナル曲は、「鶫の唄」である。大学時代は、放送研究会に所属し、ローカルラジオ局でスタッフのバイトなどをする一方、北大フォークソングのメンバーとも交流を持ち、活発に音楽活動を展開し、「コンテスト荒らし」の異名をとった。1972年には、「フォーク音楽祭全国大会」に出場し、「あたし時々おもうの」で入賞している。(なお、この時の音源は大会実況版としてLP化されている。)なお後年、本人はコンテストに出場したのは(交通費や弁当代が支給されるので)、バイト代わりであったと述べている。大学卒業後は帯広に帰り、家業を手伝う傍ら、アマチュア活動を続ける。喫茶ジャズオーディオのマスター、渡辺晃が主催した「自由集団」の企画で多くのステージを踏み、デビュー前に地元では既に多くのファンを獲得していた。(デビュー以前、オリジナル曲は既に100曲以上存在していた。)

中島みゆきの曲には、日常風景の一部を切り取り、そこを行き来する男と女や働く人々をテーマにし、その一人一人にスポットライトを当て、その心情を曲にのせるものが多い。非常に巧みな比喩表現を用いており、聞き手によってそれぞれ異なった意味を受け取ることができる。また、普遍的なテーマを歌詞にしていることも非常に多い。例えば、1991年発売のアルバム『歌でしか言えない』収録曲の「永久欠番」。この曲は、「人は誰しも唯一無二の存在である」ということをテーマにした曲で、東京書籍発行の中学校用の教科書『新しい国語3』に引用されている。

対照的に、工藤静香に提供した「MUGO…ん、色っぽい」や西田ひかるに提供した「きっと愛がある」のように軽いノリの詞も存在する。ただし、この2曲に関しては、いずれもCMのキャッチコピー(「MUGO…ん、色っぽい」 - 「ん、色っぽい」(カネボウ)、「きっと愛がある」 - 「アイがある」(三菱電機))にひっかける方が望ましいと中島が指示を受けていた経緯がある。

もっと詳しい説明


女性シンガーの中で、曲のサビ部分で怒鳴るような歌い方をする人はあまり記憶にないで す。聞いてて凄みがありますね。 拓郎ファンだったということも聞いたことがありますが、そうだとすると通ずるところがあ ります。 ただ拓郎は年齢とともにパワーダウンしてますが、みゆきさんは衰える気配もないですね。 「この世に二人だけ」「歌姫」なども絶品ですが、是非、パワフルな中島みゆきをこの DVDで、見て、聞いてください。
圧巻=B見終わった後に、まず浮かぶ単語は、これ。 とにかく、歌・歌・歌。物語に基づいて構成されている「夜会」は、回を重ねる度に、台詞の比重が大きくなり、歌を堪能する場とは言い難い向きになっていた。しかし、この「24時発0時着」は、歌いっぱなし。その楽曲の完成度も高いし、ストーリーの分かりやすさ、中島みゆきが込めたメッセージの普遍性。どれをとっても、ベストと言えよう。 「涙無くして見れず!」と言ってしまうと大仰だが、しかしながら歌を通して訴えられるものには、誰もがハッとさせられるはず。

「歌姫」は私自身が好きなせいもあって、Liveでの歌声に 感動しました。 他の「銀の龍の背に乗って」「囁く雨」「地上の星」も PVの一部しか見ていなかったので、全編通して初めて 見ました。 この3曲もLiveで聞きたくなるので、このDVDはLiveに 行きたくなるDVDですね。
2000年と2002年に2回上演された「夜会・ウインターガーデン」の 歌詞と詩を、イメージ写真とともに構成したもの。 舞台で使用された「言葉」が漏れなく掲載されている。 従来映像化されてきた「夜会」であるが、本作品は DVD化されておらず、この本が唯一舞台以外で楽しめるアイテム。
よく中島みゆきはユーミンと比較されるが、ユーミンの歌詞はドラマや風景のワンシーンを切り取ったような印象があるのに対して、中島みゆきの歌詞は心の奥にずっと残るのである。楽曲と歌詞と声の見事な融合性という点で、中島みゆきを超えるシンガーは日本にいないと断言する。

オヤジ達の心を掴んだ『地上の星』が入っているアルバム。 シングルと別バージョンというのもこれまでに色々ありましたが、 これはそのまんまで好感触。 アルバムの最初と最後がNHKの某番組で使われたシングル曲なので、 最後まで聴くとひとつの物語を読み(聴き)終えた感があります。 でも曲は一つ一つ単独の物語でまさに『短篇集』。 リラックスしたボーカルを聴かせる『夢の通り道を僕は歩いている』 や、ちょっと懐メロな『粉雪は忘れ薬』が好きです。
この文庫本には、いっぱいの言葉が詰まっている。 「中島みゆき」の歌詞、ニューミュージックの唄、など 様々なとらえ方があると思うが、 一人の人間が経験しうることの子細が表現されている。 「このように表現があったのか」と思われるような 心の微妙な変化が、淡々と詞としてつづられている。  ファンとして、「夜会」での未発表の歌詞などに 興味を覚える見方もあるが、素直に「詞」を独立したものとして 声に出して読んでみたくなる。秀逸な歌詞集である。


「36.5℃」までのシングルのA面・B面の曲が全部入っているアルバムです。 みゆきさんの場合、シングルにしか入っていない曲も多いですし、 アルバムの先行として出た場合、アルバムではサウンドを変えたり、 まったくアレンジ自体を変えたりして収録したりすることもあるので、 シングルを一枚ずつ変え揃えようと思わない場合、 この一組を持っているととても便利です。

87年から93年までのシングル集。DJを降板したり、夜会が始まったりと、 みゆきさんにとって重要な転機となった時期。 いわゆる「瀬尾一三時代」が始まった瞬間も収録されており、そういう意味でも 非常に興味深い作品。    Disc-1とDisc-2を聴き比べてみてください。雰囲気が全然違います。

私はこの時期の中嶋みゆきが最もノッていたと思う。「最悪」「やまねこ」「見返り美人」など、今でも十分通用する楽曲がこの時期に立て続けにリリースされている。この何れの曲もいい。またこの当時に出たアルバム「36.5℃」がいい。ミキサーの腕が良いのか、音がすごく良いと思う。メロディーも中嶋みゆきの中にあって、この時期のものが最も充実しているように感じる。

彼女の歌声は本当に様々な表情をみせる。「夜行」におけるエモーショナルさは、他のどのベテラン女声歌手でも無理ではないか。更にそこから「歌姫」の儚さに彩られた歌声への移行、更に再び強さへの回帰を聞くと、彼女の表現者としての実力を感じる。それは音とことばの関係を緻密に考え抜く、作家としてのプライドが、そのまま同時に演奏者としてのプライドにも結びつき、彼女の歌声を後退させない要因となりえていると思う。

中島みゆきの欠点は、人に上げた名曲を平気で又自分で歌ってCDにするとこだ。 しかし、それが又いい出来だから困る。 普通は人にあげた曲で、その曲がヒットしたら、絶対元曲の勝ちじゃないか? このCDに入ってる工藤静香にあげた“黄砂に吹かれて”も中島みゆきが唄ったやつの方が良い。 歌詞一部違うが、まるで「この曲はこう唄うのよ」と言わんばかりだ。 タイトルも「回帰熱」っていいセンス。

どの曲も素敵でした。 特に最後の曲は、歌詞も知らない曲でしたがとてもきれいなメロディーで、しんみりと感動して泣けますよ。ピアノの好きや深町さんファンはもちろん、中島みゆきファンは是非一度聞いてみてください。曲のよさを改めて感じる事ができますよ!

中島みゆきの曲ですが、全曲、完全に違う曲と化しています。 このことに対する賛否両論あるでしょうが、これこそがトリビュートの醍醐味ではないでしょうか。特におすすめなのは「時代」と「ヘッドライト・テールライト」の2曲です。

全体的にバラエティに富んだ内容で、10数年くらい前のみゆきさんのアルバムを思い出しました。 その頃の、メロディが覚えやすいアルバムオリジナル曲が好きなので、買って良かったです。 最近企画盤が続いていて、またオリジナルのアルバムでも、こういう雰囲気の聞きやすいアルバムは久しぶりな気がします。


みゆき関連本を久しぶりに買いました。気軽に持ち歩けるくらいコンパクトな本ですが、充実した内容。みゆきさんのデビューから現在に至るまでのストーリーは、当時の世相とリンクした形でまとめられていて、かなり読み応えがあります。アルバム、夜会DVDはもちろん、シングル、提供曲、本に至るまで、これまでの活動が丁寧に解説されていてデータベースとしても大満足。

著者が独自の視点で選んだ中島みゆきの新旧30曲が一曲ずつ解説されています。 タイトルに「〜精神世界」とありますが、映画、古今東西の人物・書物まで具体的に引き合いに出されており、 非常に分かりやすく面白いです。著者の知識の広さに驚かされます。 一般に難解といわれる中島みゆきの詞ですが、こんなにも味わい深いものだったかと改めて感動します。 一曲一曲の解説の分量も適当ですので、ちょっと時間が空いた時にさらっと読めるのも魅力です。 「中島みゆき」や「精神世界」というジャンルとして括るにはもったいない好著だと思いますので、是非読んでみて下さい。







Warp!-無料アクセスアップツール 10ページに飛んで、10アクセスアップ! ■Warp!設置リンク